尼崎で選ばれている葬儀の形式

category01

尼崎で行われるお葬式などで選ばれることが多い形式は、大きく分けると4つあるといえます。まず、直葬、一日葬、家族葬、それから一般葬です。
尼崎以外の地域でももちろん選ばれることは多いのです。
いろいろな形式のなかでも遺族の方の希望にそうことができるように工夫をしています。
よく選ばれる葬儀のうち、最近は特に家族葬を選ぶ遺族の方が増えてきているといいます。
家族葬は家族やごく親しい人を中心としてお葬式などを執り行う形式です。

大津市の不動産の人気を今すぐチェックしよう。

家族や親しい人のみで執り行うので、遺族の方が弔問してくださる方々に気を使う必要がなく、ゆっくりと故人を見送ることができるのがいいです。
少人数で執り行うので、遺族の方が故人を静かに見送る時間を持つことができるのがいいです。



直葬は、亡くなった病院などから直接火葬場へご遺体を搬送して荼毘に付してしまい、後日改めてお葬式などを執り行います。

社葬などをする予定がある人がこの形式を選ぶことが多いということです。


一日葬は、言葉通り一日でお葬式なども執り行ってしまう形式です。
亡くなってから葬儀を執り行うには日が悪いというときなどに、少し間をあけて執り行うというときに選ばれることが多い形式だといえます。


ワンデーセレモニーとも呼ばれています。一般葬は昔からよく選ばれてきた形式で、尼崎以外の地域でもよく選ばれているといいます。



葬儀の形式はその地域独特のものなどもありますが、やはりほとんどの場合、この4種類の形式の中から選ばれるようになっているといえます。

マナーコラム

category02

尼崎の葬儀会社ではさまざまな形式の葬儀を執り行っています。葬儀は大切な人や家族などにその必要が出てきた途端に、たくさんのことを短時間で決めなければいけない状態になります。...

subpage

納得の情報

category02

尼崎市は、兵庫県の最東部に位置し大阪府に接する保健所政令市です。しかし、隣接する西宮市の死亡率8.0に比べ10.45と高く人口の自然増減率もマイナスな為、1970年の約554、000人をピークに現在も人口が減少しています。...

subpage

専門知識

category03

遺族は、神道では黒不浄、仏教では忌みと呼ばれ忌み嫌われる事から、弔問客や参列者の接待、葬送の手続き、葬具の調達など葬式の準備や葬式の進行は、村落や近所の互助組織である葬式組や班、株によって葬式が執り行われています。尼崎では、この互助組織を隣保班と呼んでいます。...

subpage

いまどきのマナー

category04

エンディングノートなどで家族葬を執り行うことを希望する方は、自分のことを本当に偲んでくれる家族や、親しい方で見送って欲しいという想いが強い傾向にあります。あまり故人と生前にお付き合いがない参列者に囲まれた形式的になってしまう葬儀を執り行うのを敬遠したいという尼崎市の故人の生前の気持ちから家族葬を選ぶという人は少なくありません。...

subpage